豆の挽き具合

今日は、珈琲豆の挽き具合について。

 

当店では、業務用のミルで写真のダイアル番号で挽きます。(0.5単位も可能)

 

赤枠の5番が基準です。

5番が、ペーパーフィルター、コーヒーメーカー、ネルドリップです。

水出しは、2~3番。

コーヒープレスは、6~7番。

 

これは、あくまで目安です。

同じ豆でも挽く細かさで随分と味が変わります。

 

いつもより1目盛細かく、1目盛荒く挽くとお客様のお好きな風味が出たりします。

それは、器具や淹れ方との相性があるからです。

 

当店では、お客様のお好みの挽き具合をご一緒に探します。

 

ポイントカードや「まとめ買いの珈琲通帳」に決まった挽き番号を記入いたします。

 

例えば、○○さんは、オールドタイムを3番で挽くとかです。

 

お客様のお好みの挽き具合が見つかれば幸いです。